ナガセキャリアプラザ三島校

ナガセキャリアプラザ三島校

お問い合わせをお待ちしております
☎ 0120-458-001
電話受付時間:平日~21:30まで(土日も開講) 定休日:月・火


カウンセリング申込  資料請求

ホーム > PCスクール > Excel VBAスタンダード対策講座

Excel VBAスタンダード対策講座

Excel VBAでExcelを効率よく活用したい方に

資格取得のための学習を通じて、VBAを含めたExcelのエキスパートを目指します。Excelの機能で行うべきことはExcelで、VBAで行うべきことはVBAで行うなど、機能を整理しながらExcelの効率的な運用を目指します。

【受講対象者】 Excel VBAベーシック取得済みの方、または同等スキルをお持ちの方

  • 受講期限 2週間~3ヶ月
    受講単位 20単位(30時間)
    受講料 70,000円(税込)
    資格取得 VBAエキスパート Excel VBAスタンダード

カリキュラム

  • Excel VBA スタンダード対策講座
    VBAの基礎/Visual Basic Editor(VBE)の操作 1単位
    VBAベーシックレベルの簡単な復習とVBE画面に用意されている様々な機能を学習する。
    プロシージャ/変数と配列 1単位
    マクロの実行単位であるプロシージャの種類と活用について学習する。また、プロシージャをまたがっての変数の受け渡しを学習することで、作成効率・実行効率の高いVBAの作成を習得する。
    イベント 2単位
    シートが切り替わったり、新しいシートが作成されるなど、Excel上で特定の操作が行われたときにのみ、実行されるVBAを作成し、マクロを自動実行する方法をについて学習する。
    ステートメント 1単位
    条件によって処理を振り分けたり、特定の範囲に繰り返し同じ処理を繰り返すなど、マクロを制御する命令(ステートメント)を学習する。
    関数 1単位
    VBAでよく使用する関数を中心に、その仕組みと活用方法について学習する。
    エラーへの対応 2単位
    マクロを作成した人以外の第3者がそのブックを利用する場合、マクロ実行中に発生するどんなエラーにも対応できるマクロにしておく必要があります。ここではエラー対応の方法について学習する。
    UserForm 2単位
    UserFormを利用することで、Excelでもダイアログボックスを表示し、ユーザーから情報を受け取り、受け取った情報を利用してマクロを実行することができます。ここではUserFormの活用について学習する。
    メニューの操作 2単位
    マクロの実行をより容易にするために、作成したマクロをメニューに登録する方法を学習する。
    Windowsの機能を利用する 2単位
    OLEオートメーションや、Windows APIを使用して、Excelの表をWord文書に埋め込んだり、不要になったファイルをゴミ箱に移動するなど、Excel以外のアプリケーションの利用や、Windowsの操作を制御する方法について学習する。
    レジストリの操作 1単位
    レジストリにはWindowsの起動や動作に関する設定値やアプリケーションが動作するための設定値が記録されています。ここではVBAでレジストリの設定値を操作することでUserFormの表示位置を制御するなどの操作方法について学習する。
    ファイルの操作 1単位
    VBA内でファイルを開いたり削除するなど、ワークシートやセルの操作とは異なるファイル単位での操作をVBAで制御する方法について学習する。
    模擬試験 2単位
    2パターンの模擬試験にトライ
    解説 2単位
    模擬試験各問題の解説で疑問点を解決
    合計:20単位


メインメニュー


三島校で学べる講座

お問い合わせをお待ちしております
☎ 0120-458-001
電話受付時間:平日~21:30まで(土日も開講) 定休日:月・火


カウンセリング申込  資料請求




リンク

ページのトップへ戻る